Back to Blog

2020年、AIにおける最も大きなニュース

By
Christopher Thissen
|
January 26, 2021

本ブログはInsideBIGDATA(英語)で紹介した記事の短縮版となります。

2020年は、AIが日常生活に浸透し始めていることを垣間見ることができた年と言えます。今後数年のうちに、SNSの投稿や広告、ニュースでAIが生成したテキストを定期的に(気がつかないうちに)目にすることになりそうです。AIが現実世界で使われるということは、AIの倫理的な利用についても検討する必要が出てきます。

そこで2021年になった今、2020年、AIにおける最も話題となったニュースを振り返ってみたいと思います。

GPT-3、 AIが生成したテキスト

おそらく2020年で最も大きな話題を呼んだのは、OpenAIの「GPT-3」です。GPT-3(Generative Pretrained Transformer 3)は、テキストを理解して生成することができるAIとなります。初期のユーザーは、トリビアの質問に答えたり、小説や詩を作成したり、書かれた指示から簡単なウェブページを生成するなどを試すことができました。このAIの能力には目を見張るものがあり、中でも最も印象的なのは、人がGPT-3によって書かれた記事と人によって書かれた記事を区別することができないレベルであるという点です。

全文(英語)はこちらで紹介しています。