Back to Blog ブログ一覧へ戻る

Vectra AI vs Darktrace:

圧倒的な数のお客様が当社を選ぶ理由

By
Kevin Kennedy
|
October 27, 2021

Bloombergをはじめとする経済紙で広く報じられているように、投資銀行のPeel Huntによる厳しいアナリストレポートを受けて、Darktraceの株価は、今週大打撃を受けました。(参照元:Darktrace Plunges After Peel Hunt Forecasts 50% Downside

私たちは通常、競合他社に関するアナリストレポートにはコメントしません。しかし、今回のレポートの核心は、脅威に対するNDRベンダーを選ぶ際に、非常に重要となる2つのポイントを示しているために取り上げました。 

  1. Darktraceは、テクノロジーの革新者ではなく、セールス&マーケティングを推進している会社である
  2. DarktraceとVectraの両方を検討したお客様の91%がVectraを選択している

この2つの結果にはつながりがあります。皆さんはThe Economist誌を開いても、セキュリティイベント会場でも、F1のサーキットでもDarktraceの広告を目にすることでしょう。2021年度は、売上高の87%をセールス&マーケティングに費やしているそうです。その間にDarktraceが研究開発に費やした費用はわずか10%でした。参考までに、CrowdStrikeやPalo Alto Networksのような革新的なサイバーセキュリティの上場企業は、研究開発費に25%以上を費やしています。 

対照的に、Vectra AIは一貫して収益の40%以上を研究開発に費やしてきました。それは、革新を行うことは私たちのDNAであり、そのためには持続的な投資が必要であることを知っているからです。

 

4倍の研究開発費で得られること

  • ゼロから構築したAIプラットフォーム:これにより、AIに必要な正確なデータが与えられ、大きな規模の企業においても高度なAIを高速で実行することができます。
  • 製品の中心にAIを据えて、常に可能性の限界を押し広げるソリューション:セキュリティリサーチャーと博士号を持つ、データサイエンティストの大規模なチームが、スキルを十分に発揮できるツール、リソース、方法論を確立することから始まります。小さな指標を一つご紹介すると、Vectra AIにはMITRE D3FENDフレームワークで参照されている12件の特許があります。(Darktraceは0件)  
  • アナリストの業務を楽にするUX:すべての検知ページと機能は、その目的に合わせて慎重に設計されています。VectraAIのデモはDarktraceのような華やかさはありませんが、それは、私たちが本当に必要なことに重点を置いているからです。 

確かにDarktraceのマーケティングは素晴らしいです。それを否定するつもりはありません。しかし、本当に必要なことにたどり着く壁になっていないでしょうか?

来週から、私も含めた製品チームによる、ブログ(英語版サイトをご確認ください)と動画シリーズを開始します。私たちが何をしているのか、いわば「秘密の情報源」を公開し、英語版をご確認ください)と動画シリーズを開始します。私たちが何をしているのか、いわば「秘密の情報源」を公開し、Darktraceのアプローチと対比させながら説明していきます。

Vectra AIとしては、お客様が最も重要な資産を保護するために選択したベンダーから「何を得られるのか」を正確に知るべきだと考えています。そして、選択する際には、本当に必要なことを検討する必要があります。

  • テクノロジーの革新力か、マーケティング力なのか
  • 日々の使いやすさか、それとも華やかなデモなのか
  • ランサムウェア対策なのか、F1スポンサーであるということなのか

どちらを選ぶかを迫られたとき、91%がVectraAIを選びました。

お客様が、私たちVectra AIを選んだ理由を「お客様の声」(英語)としてまとめていますので、ぜひご覧ください。